お金の話

【副業】収入源は複数持っておくべき

こんにちは、さるすべりです。

コロナウイルスの収束はまだ見えておりません。

感染拡大を防ごうと、飲食店等の多くの業種に休業要請がかかっている状況です。

この中で、会社が倒産したりクビにされたりして収入源が無くなってしまう方も多くいるはずです。

こういった状況になる事を予見して、普段から収入源を複数持っておく事が重要です。

収入源がひとつって怖い事

おそらくですが、日本人で収入源が複数ある人はあまり多くはないと思います。

会社員であれば、会社からのお給料が唯一の収入という方がほとんどでしょう。

しかし、それって実は物凄く高リスクなんです。

その会社が潰れてしまったら、突然収入がなくなり生活が立ち行かなくなってしまいます。

株式投資で言えば、1社だけにフルインベストメントしているようなものです。

会社員ではなく自営業やアルバイトの方も一緒ですね。むしろ自営業の方が今回の自粛による損害が大きいかもしれません。

収入源を複数持てば不安は小さくなる

コロナウイルスのような不測の事態でも、収入源が複数あれば収入減による不安は軽減されます。

理想を言えば、どれか一つの収入源が途絶えても残りの収入源で最低限の生活ができる状態だと良いですね。

最低限の生活を維持しつつ、次の就職先を探す事も可能になります。

誰にでも簡単にできる副業

それでは、どうやって別の収入源を持てば良いのか。

会社員や公務員は副業が制限されている場合が多いですが、そのような方々でも簡単に合法的にできる副業があります。

それが株式投資になります。

トヨタやNTTの株を買っても良いですし、それらの株がパッケージ化されたETFや投資信託を買っても良いでしょう。

何も難しい事はありません。

ただ証券口座を開設してお金を入金して株を買えば良いのです。それだけで定期的に配当金分配金が口座に入金されるようになります。

ある程度金額は必要ですが、配当金だけで最低限の生活を目指す事も可能です。

また、一度買ったものは持ち続けてひたすら配当金を貰うのがベストです。頻繁にトレードするデイトレードにはまると、業務に支障をきたすようになる可能性も高いです。

配当金や分配金を軸とした運用を行えば、本業には全く影響がないのが株式投資のメリットです。

会社員や公務員も簡単に始める事ができます。

なお、分配金が出ない投資信託を保有しても良いでしょう。内部では分配金を再投資していて基準価額に反映されていくので問題ありません。

その他の収入源

私の場合は、株式投資以外にGoogleアドセンスストックフォトを利用しています。

まだ収入を得ているとは言えない程のレベルですが、一歩一歩少しずつ大きくしていきたいと思っています。

あとはアフィリエイトやYouTuberなどもありますね。

自分に合った長く続けられるような収入源を探してみましょう。

おわりに

今回の自粛要請によって、収入源がひとつしかない事は問題だと気付いた方も多くいらっしゃると思います。

色々な副業はありますが、取り敢えず株式投資を始めてみてはいかがでしょうか?

始めてみれば、「こんなに簡単に配当金って貰えるんだ!?」と分かると思います。

 

【個人】資産状況(2020/4/1付)前のページ

資産運用は夫婦一丸となってするべき次のページ

関連記事

  1. お金の話

    来年以降「つみたてNISA」から「NISA」に変更します!その理由とは!?

    こんにちは。最近アクティブファンド投資家になったさるすべりです…

  2. お金の話

    後輩から「お金を貸して欲しい」と言われた話

    こんにちは、さるすべりです。後輩から「お金を貸して欲しい」と言…

  3. お金の話

    厚切りジェイソン氏の考え方に学ぶ②

    こんにちは、さるすべりです。私の尊敬する厚切りジェイソン氏の新…

  4. お金の話

    【結婚は富裕層への近道!?】富裕層へ近づく3つの理由とは

    結婚は何かしらお金がかかってしまうイメージがあります。しかし結…

  5. お金の話

    【実録】33歳で2,500万円貯めた男の特徴|30代の貯蓄・金融資産保有額

    こんにちは、さるすべりです。私の現在の個人資産(投資信託や預貯…

  6. お金の話

    2021年からのNISA枠は月10万円の積み立て投資で消費します!

    こんにちは、さるすべりです。2021年からは「つみたてNISA…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
応援よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP