ストックフォト

写真ど素人の筆者が1年間PIXTAでストックフォトをやってみた結果

こんにちは、さるすべりです。

昨年9月にPIXTAでストックフォトを始めて、約1年の月日が経ちました。

今回の記事では、写真に関してど素人である筆者が、この1年間にストックフォト(PIXTA)でどれくらいの結果を出したか公開します。

PIXTA1年間の成績

結論から言います。

 

この1年間で売れた写真数は

2枚

でした。

笑いたい人は笑ってください…

 

PIXTA 販売状況

2枚売れて累計獲得クレジットは「3.30」です。

日本円換算で「363円」となります。

個人的には、素人にしては頑張ったなという気持ちです。

だって缶ジュースが3本も買えちゃいます。

また、マイページから順位を確認すると36,000位台となっています。

2枚売れただけで、上位約36,000人のうちの一人となりました!

 

なお、2枚目はつい最近(2020/8/13)売れました。

↓の記事から7ヶ月ぶりになります。

 

やはり「写真が購入されました」のメールが届くと、めちゃくちゃ嬉しいです。

この気持ちを、もっとたくさん味わいたいものです。

ちなみに販売登録された写真は累計で70枚弱です。

前回の記事の時点では13枚しか登録していなかったので、私なりに頑張って投稿させていただきました。

驚くことに審査落ちした写真は、いまだに1枚もありません。

何気に、これが1番凄い気がします。

他のブログを拝見すると、けっこう審査落ちした話しも聞きます。

私はソニーのRX100で撮影した写真を投稿していますが、ピンボケだけは気をつけています。

それでも所詮素人が撮影した写真ですから、何枚かは審査落ちして当然なので、この結果は奇跡といって良いでしょう。

売れた写真を考察すると

1枚目も2枚目も、同じ日に同じ場所で撮影した写真です。(1枚目は橋の写真、2枚目は湖の写真)

どちらも地元では知名度がある観光スポットの写真です。

おそらくですが、地元でしか知名度がない写真というのがポイントだと思います。

全国的に有名な観光地の写真はすでに数多く登録されているので、最近参入した素人の写真が売れる可能性はゼロに等しいのです。

その点、地元の写真は参入者が少ないので、素人の写真でもまだまだ売れるチャンスがあると考えられます。

まとめ

将来の不労所得の1つとして始めたストックフォトですが、この1年間で363円になりました。

今後も写真をどんどん登録して、販売数を増やしていきたいです。

目標として、アップロード可能数をできるだけ使い切りたいですね。

この1年頑張っていれば、最大360枚は登録できていました。

「継続は力なり」の精神を忘れずにやっていきます。

 

【PayPay・nanaco】マイナポイント取得の流れ、キャンペーン情報紹介前のページ

ASUSの「ZenFone Max M2」が届きました。「ZenFone 2 Laser」との比較、SIMサイズ変更方法など紹介。次のページ

関連記事

  1. ストックフォト

    【ストックフォト】PIXTAに写真が登録されました!

    こんにちわ、さるすべりです。さて、前々から始めようと思っていた…

  2. ストックフォト

    【ストックフォト】初めて写真が購入されました!

    こんにちわ。ついにPIXTAで写真が購入されました!(初)…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
応援よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP