投資信託・ETF

つみたてNISAを売却してしまう残念な人々

こんにちは、さるすべりです。

先日以下の記事を読みました。

一方、18年の買付額931億円のうち、17%の158億円が翌19年に売却されていた。

YAHOOニュース「日本人はなぜ「つみたてNISA」をすぐ売却してしまうのか」より

 

40万円分の投資信託を20年間非課税で保有できるつみたてNISA

意外にも数年で売却してしまう人が結構いるのだ。

もったいない話である。

目先の利益に目が眩む人たち

ここ数年株価の調子が良いです。3年前からつみたてNISAをしていた人はほぼ全員含み益でしょう。

そのせいで、売却してしまいたい欲望にかられるのかもしれません。

特につみたてNISAから投資を始めた方は、たかだか数十万円の利益にも目が眩んでしまう可能性があります。

先日の職場での出来事です。

「日経平均3万円超えててヤバイよね。そろそろ暴落するって知り合いの社長も言ってたし、つみたてNISA一旦売ろうと思うんだ」

このようにとある先輩は話していました。

つみたてNISAの趣旨を全く理解していない!!

私は聞いていて残念な気持ちになりました…

世界株式を20年間保有すれば、ほとんど年率5%前後のリターンに収束するのです。そのため、つみたてNISAは20年という期間に設定されています。

つまり理論上は40万円が20年経つと約100万円になります。1年につき60万の利益が約束されているようなものです。(この時の非課税の恩恵は12万円)

それを、たかだか数十万円の利益のために貴重な3年分の非課税枠を捨ててしまうなんて馬鹿げています!!

つみたてNISAは絶対に20年間保有しよう

というわけで、つみたてNISAを売却するような愚かな行為はやめましょう。

つみたて期間の前半20年は大変かもしれませんが、売却が始まる後半20年は天国です。

毎年100万円(利益は60万円)が20年間ポケットに入ってくるのです。

老後2,000万円問題も解決ですね ♪

 

ポートフォリオに2つのファンドを追加します【アクティブファンド】前のページ

【個人】資産状況(2021/3/1付)次のページ

関連記事

  1. 投資信託・ETF

    【信託報酬最安クラスに!?】たわらノーロード先進国株式

    こんにちは、さるすべりです。ついにアセッジメントOneがやって…

  2. 投資信託・ETF

    楽天証券では全ての投資信託の年間コストが分かります

    こんにちは、さるすべりです。知らなかったのですが、楽天証券では…

  3. 投資信託・ETF

    【投資信託・ETF】二重課税調整制度が始まります。(令和2年1月より)

    こんにちは、さるすべりです。来年の1月1日から投資信託やETF…

  4. 投資信託・ETF

    iFreeレバレッジNASDAQ100ってやっぱりスゲー

    こんにちは、さるすべりです。現在のアクティブファンド中心のポー…

  5. 投資信託・ETF

    【REITETF】簡単に毎月賃貸収入を得られる方法

    こんにちは、さるすべりです。皆さんは、大家さんになって毎月賃貸…

  6. 投資信託・ETF

    疑似的レバレッジ2倍バランスファンドによる資産運用

    最近は株価がうなぎ登りです。コロナショックもなかったことのよう…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
応援よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP