投資信託・ETF

今年のNISA枠の残りはレバレッジファンドで埋め尽くしました

こんにちは、さるすべりです。

私事ですが、今年のNISA枠の残りをレバレッジファンドで埋めてしまいました・・

ちなみに前回の記事(ポートフォリオをeMAXISSlim全世界株式だけにしたいという内容)より前の話です。

iFreeレバレッジシリーズで埋め尽くす

埋め尽くしたのは以下のファンドです。

レバレッジファンド(NISA)

全てiFreeのレバレッジシリーズです。

レバレッジNASDAQ100は以前から買っていたのですが、FANG+とS&P500verは初めて買いました。

銘柄数が少ないレバレッジFANG+ほどパフォーマンスが良いですね。しかし暴落時にはよりリスクが高くなります。

今後のNISA

普通NISAは今年で止める予定です。レバレッジファンドを非課税で買うのはこれで最後かもしれませんね。

この5年間で巧いこと利益が出てくれる事を願います。

レバレッジファンドは大暴落時に酷いことになるので、タイミングによっては大幅マイナスで売却する必要があります。(NISAでのマイナスは損益通算できず不利)

全世界株式インデックスですら、5年間の運用では安定せずマイナスになる年が出てきます。レバレッジファンドなら尚更です。

ですので来年以降は「つみたてNISA」に戻ろうと思っています。

つみたてNISAの20年運用ならば、全世界株式で運用する場合、最低2倍以上になる可能性が高いです。条件が良いと3倍、4倍以上にもなります。

マイナスで売却する確率がほぼ0に近いのです。

おわりに

レバレッジファンドもとても魅力的なのですが、ある程度資産が増えると恐怖心の方が上回ってしまいます。

例えば私の資産(約2,500万円)が全てiFreeレバレッジNASDAQ100として、またITバブル崩壊級が来るとすると資産は100万円以下になってしまう可能性があるのです。

そうなったら心は折れ、食事は喉を通らず無気力人間になるでしょうね・・下手したら○○してしまうかもしれません

こんなリスクはとても負い切れません。

やはりレバレッジファンドは少額にとどめておく方が良いと思います。

メインは普通のインデックスファンド(全世界株式やS&P500)がおすすめですね。

 

「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を6,000万円分保有すればFIREは余裕で可能です。前のページ

厚切りジェイソン氏の考え方に学ぶ②次のページ

関連記事

  1. 投資信託・ETF

    インデックスファンドが最適解という思い込みを捨てろ!アクティブファンドの魅力とは?

    こんにちは、さるすべりです。何故今回このようなタイトルの記事を…

  2. 投資信託・ETF

    「ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド」松井証券で取扱開始!!

    こんにちは、さるすべりです。2020年12月21日(月)より「…

  3. 投資信託・ETF

    「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」を6,000万円分保有すればFIREは余裕で…

    こんにちは、さるすべりです。またもや投資信託のポートフォリオを…

  4. 投資信託・ETF

    投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2020に投票しました

    こんにちは、さるすべりです。「投信ブロガーが選ぶ!Fund o…

  5. 投資信託・ETF

    2020年の「つみたてNISA」年間費用を確認しよう!

    こんにちは、さるすべりです。年末いかがお過ごしでしょうか。…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
応援よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP