リタイア生活

リタイア生活を目指し「お金のなる木」を育てよう!

こんにちわ

さるすべりです

今回は「お金のなる木」についての記事です。

お金のなる木とは

「お金のなる木」とは何でしょうか?

私の考える「お金のなる木」とは

「不労所得」の事です。

自宅の庭にお金がなる木があったら最高だとは思いませんか?

私にとっての「不労所得」とは、まさにそのようなイメージです。

不労所得とは

不労所得とはその名のとおり、労働が不用な所得です。

普通であれば所得を得るには、何かしらの労働をする必要があります。

私も社会に出て働いていますが、辛い事もたくさんあります。正直辞めたくなる事もしょっちゅうです……

しかしながら、明日の生活の為、家族の為にと重い腰をあげて職場に出掛けて行くのです。

不労所得とは、このような苦労をする必要もなく何もしないでも入ってくる所得です。まさに夢のような所得です。

不労所得の王道

不労所得の王道は

「株式の配当」

だと私は思っています。

実際に私は「日本の高配当株」や、同じ様に日本の東京証券取引所で売買している「J-REIT」や「海外REITのETF」を購入し配当金や分配金を得ています。

これらの行為には労働というものはほぼ存在しません。ただ、証券口座を開設し特定の商品を購入するだけだからです。

もちろん、デイトレーダーのように日々売買を行う方の場合は労働として該当するかもしれません。

しかし私のように、決まっている基準通りに銘柄を保有するだけのスタイルでは何も考える必要もなく、労働のような苦労は何もないのです。

最終的な目標

もしも、今私が不労所得だけで生活できるようになったなら

今すぐ職場を辞める

と思います。

このブログのゴール地点は不労所得だけで生活できるようになる事です。

働く必要性がなくなれば、すぐに職場を辞めリタイア生活を送るつもりです。

とは言っても、今の私の年間の不労所得は50万円程度ですので(現在32歳)

そんな日が来るのはいつの話だろうか…

もしかしたら普通に定年まで働いているかもしれませんね(笑)

 

セミリタイアという選択肢

先程までは不労所得だけで生活する事だけを考えていましたが、セミリタイアという選択も考えて良いと思います。

セミリタイアとは、フルタイムの仕事はせずに普段はのんびり過ごし、必要に応じアルバイト等で生活費を補う生き方です。

こういった生き方も十分にアリですよね。

現状でセミリタイアを考える

今の私は、株式やREITの配当金・分配金で不労所得を得ています。年間約50万円ぐらいになると思います。

無謀過ぎますが、この状態でセミリタイアを考えてみましょう。

私の生活レベルを鑑みると、月20万円(年240万円)もあれば十分に生活できると仮定します。

アルバイト時給は1,000円で月に10日しか働かない事とします。

  • 不労所得:50万円
  • 年間必要経費:240万円
  • アルバイトの時給:1,000円
  • 月間労働日数:10日

〔年間必要経費〕
240万円 - 50万円=190万円
〔毎月必要なアルバイト代〕
190万円 ÷ 12ヶ月=約16万円
〔1日で必要なアルバイト代〕
16万円 ÷ 10日=1.6万円
【結果】
16時間のバイトを10日実施でセミリタイア可能

どうでしょうか?

何とかセミリタイアする事ができそうです。

………

いやいや、待て待て!

こんなの全然嬉しくないですよ…なんで1日に16時間も働かないといけないのですか。朝から深夜まで働けと?

こんなのは私の思うセミリタイア生活ではありません。全然のんびりできないです。

現実的なセミリタイアのラインとは

1日に16時間も働かなければいけないのは論外です。

個人的には、8時間以内のアルバイトを月10日であれば許容範囲内です。

では、その条件をクリアするのに必要な不労所得はいくらになるのでしょうか?不労所得が150万円ある場合を考えてみます。

  • 不労所得:150万円
  • 年間必要経費:240万円
  • アルバイトの時給:1,000円
  • 月間労働日数:10日

〔年間必要経費〕
240万円 - 150万円=90万円
〔毎月必要なアルバイト代〕
90万円 ÷ 12ヶ月=7.5万円
〔1日で必要なアルバイト代〕
7.5万円 ÷ 10日=0.75万円
【結果】
7.5時間のバイトを10日実施でセミリタイア可能

150万円も不労所得があれば何とかセミリタイアできそうです。

しかしながら、150万円もの不労所得を得るには今の資産を3倍にする必要があります。

セミリタイアが視野に入るまでも長い年月がかかりそうです。

実際にセミリタイアをするかは分からない

もしセミリタイアが視野に入ったからと言って、実際に行動に起こす自信は正直ありません。

セミリタイアが視野に入る頃には4,50歳になっている可能性があります。

その時に果たして

アルバイトをするモチベーションがあるのか?

という問題です。

一回りも離れた若造に頭を下げて仕事を教わったり出来ますか?

つい最近まで会社の中軸を担っていた人間が、そこまでプライドを捨てれますか?

なかなか出来る人間はいないと思います。

別の不労所得で代用すれば

しかしながら、生活費の不足分を更に別の不労所得で補えばアルバイトをせずにリタイアする事も可能です。

例えば、「グーグルアドセンス」、「アフィリエイト」、「ストックフォト」などが挙げられます。

ただし、上記で十分な不労所得を得るまでには、長い年月の作業が必要です。もちろんサイトの更新とメンテナンスも継続しなけれいけません。株式の配当のような完全な不労所得と言えないでしょう。

それでも、アルバイトのようなストレスは感じないと思いますので、上記のような不労所得と合わせて年間240万円の所得を超えるようであれば、十分にリタイア生活ができるのではないかと思います。

元本を切り崩せばもっと早くにリタイア可能

今までの話は元本を切り崩さない前提の話でしが、実は保有している株式等を売却していけばもっと早くリタイアが可能になります。

しかし、資産が減っていく事は一種のストレス要因にもなりますし、子供たちに残す財産も全くないのは余りにもかわいそうなので、私は資産の売却によるリタイアをするつもりはありません。

あくまでも株式やREITのもたらす配当金・分配金からのリタイアを目指そうと思います。

おわりに

以上、リタイア生活を目指し「お金のなる木」を育てようという記事でした。

果たして、不労所得のみでリタイア生活できるまでにどれほどの年月がかかるかは分かりませんが、私にできる事は毎年毎年確実に配当金や分配金を増やしていく事です。

その為には、仕事を頑張り、節約をして、「お金のなる木」を育てていくように不労所得を生み出してくれる資産を購入し続ける事だと思います。

定年までには何とかリタイアするぞー。

 

SONY デジタルカメラ「RX100」になかったある機能とは!?前のページ

【母親】親の携帯代が高い!?格安SIMに変えて通信料を節約しよう!次のページ

関連記事

  1. リタイア生活

    【早期リタイア・FIRE】リタイア生活への止まぬ渇望

    こんにちは、さるすべりです。最近朝のランニングにはまっています…

  2. リタイア生活

    【グローバル3倍3分法】実は今すぐにでもリタイア可能!?

    こんにちは、さるすべりです。「仕事を辞めて自由に暮らしたい」…

  3. リタイア生活

    リタイア生活に向けてプログラミング学習を始めます【挑戦】

    こんにちは、さるすべりです。私は40歳までにアーリーリタイアを…

  4. リタイア生活

    セミリタイア生活まで最短で後2年だが、結局行動には移せないだろう..

    こんにちは、さるすべりです。現在33歳、40歳までにセミリタイ…

  5. リタイア生活

    大雪での出勤はマジで地獄…はやくセミリタイアしたい!

    お疲れ様です。私さるすべりですが、北陸地方に在住ですので今月の…

  6. リタイア生活

    【アーリーリタイア】時間を気にせず人生を過ごしたい

    時間を気にせず人生を過ごせたら何て素晴らしいのでし…

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。
応援よろしくお願い致します。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP